ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬クリアで正確な排卵日を予測する

排卵検査薬の検知センサー技術で世界トップと言われるイギリスのメーカーと提携し、
その技術を導入して大幅にバージョンアップしました!

妊娠したいと思っているなら、排卵日検査薬での妊活をスタートさせよう!


なぜ排卵日検査薬が必要なのか

妊活を始めてから、基礎体温を計ったり、携帯アプリなどで排卵期を予測している方のなかで、排卵日検査薬を使用した事ある人はいるでしょうか?

妊活用で発売されている基礎体温計ってデザインも可愛いし、機能性もいいし、排卵日が分かるから排卵日検査薬なんて使いたくないな!と考える方もいらっしゃるのかなと思います。

でも、正直なところ基礎体温計を毎日使うのって面倒くさいと、思っている人もいると思います。

毎朝同じ時間に計らないと意味ないし、ついつい忘れてしまったり、風邪を引いて熱が出てしまったりすると、正確な排卵日を見逃してしまう場合もあると思うんです。

最近の基礎体温計は、数十秒で測れてしまうほど簡単なものもあるのですが、毎日使う事が面倒になり気局は使うのをやめてしまったという方も数人知っています。

毎朝、起き上がる前に熱を測るのって思っているよりも、しんどいです。

毎日は面倒、だけど排卵日を知りたいという方にはやはり、排卵日検査薬がおススメです。

排卵日検査薬を使う事で、排卵日の最大48時間前が分かるので、排卵日がいつなのかがとっても分かりやすいのです。

生理の周期が安定していて、基礎体温を1日くらい測り忘れたくらいなら問題なく、排卵日を予測できるという方には排卵日検査薬は必要ないものかもしれません。

しかし、周期が安定していなかったり、安定していたとしても基礎体温がバラバラで排卵日を予測できないというかたには、ぜひ使ってみて欲しいです。

計画的に妊娠する事のサポートもしれくれると思うので、いつまでに子供が欲しい、産みたい季節があったり、産み分けを希望している方にもおススメです。

>>排卵検査薬につい詳しく知りたい

排卵日検査薬ってとっても正確です

殆どの排卵日検査薬は、紙製の簡易的なものです。

排卵前になると上昇すると言われている、黄体ホルモンの量を感知し始めると、ラインに色がつきます。

ラインが色好き始めると黄体ホルモンが上昇し始めたことになり、陽性と判断ができるというわけです。

ラインが濃くなると黄体ホルモンがピークを迎えたという事になります。

問題点として、この色の濃さでの判断が少し難しいのです。

黄体ホルモンが上昇し始めた頃に、ラインに色が付くのですが、最近の排卵日検査薬の感度はとてもいいので、少し上昇し始めるだけでも反応してしまうのです。

なので、ラインがピークを迎える濃さになるまでに時間がかかる場合があります。

排卵日検査薬自体は、とても感度も良く信頼できるのですが、陽性か陰性の判断をする場合に、少し難しさを感じることがあるかもしれません。

どの紙ベースの排卵日検査薬でも、このような判断に困る不安要素があります。

日本製の物でも、海外製の物でも同じだと思います。

デジタルタイプの排卵日検査薬もあるので、兼用してみることでより正確な陽性が判断できると思います。

デジタル式の排卵検査薬は、ラインの濃さで判断ではなく、〇か×で教えてくれるような判断に困らないものです。

最近では、排卵検査薬を通販で外国製のものでも簡単に購入する事ができます。

しかし、信頼できないサイトで購入してしまうと、全く機能しない排卵日検査薬なども売られているようなので、注意が必要です。

排卵日検査薬をデメリットに感じてしまう方がおさえたい3つのポイント

排卵日検査薬を使ったり、基礎体温を毎日測ることで正確な排卵日を予測することが出来るようになった人はたくさんいると思います。

でも中には上手に使いこなす事が出来ず、なかなかうまく予測できていないという人もいるのも事実です。

排卵日の予測が出来ないという人の中には、生理の周期が不規則なことが原因で、ホルモンバランスが崩れてしまったり、基礎体温も安定していなくていつもバラバラだったりする方が多いと思います。

と同時に、それらの方は妊娠しにくい体質だという事でもあるんのです。

体のリズムが安定している人は、順調に妊娠しやすい体質で、排卵日検査薬も使いこなしやすいと思います。

逆に、周期が定まらなかったりする人は、排卵検査薬の使用の際に使いにくさを感じると思います。

後者の方は、排卵日検査薬を使う事は面倒で、デメリットだと感じてしまうかもしれません。

しっかりと3つのポイントを押さえながら使っていただきたいです。

1、高価なタイプの排卵日検査薬ではなく、安くても感度のいいアメリカ製の排卵日検査薬を使ってください。

安くてたくさん入っていますから、出費を気にすることなく、頻繁に使う事が出来ます。

生理の周期の定まらい方は、前回の生理初日から数えて9日目くらいから、1日に2~3回の検査をすると効果的だと思います。

2、デジタルタイプの排卵日検査薬を兼用して使う事。

紙ベースの排卵日検査薬は、ラインの濃さで陽性か陰性を自己判断する必要があります。

デジタルは、白か黒かはっきりするので、おすすめです。

ホルモンの量が多かったり少なかったりすると、さらに紙ベースの排卵日検査薬では判断が難しくなります。

しかし、デジタルタイプはお値段が高いので、基本的には紙ベースの安価なものを使い、陽性のラインが出始めたころに1日に1回デジタルを使うというのをおすすめします。

3、排卵日検査薬だけではなく、基礎体温計も兼用する

二つを兼用することは、周期や基礎体温がバラバラという方にはおすすめです。

基礎体温を測りながら、排卵日検査薬を使う事によって、低温期から高温期の移り変わりと陽性の色の濃さを比べながら妊活する事ができます。

どちらかに頼るのではなく、二つを合わせて使う事でより正確な排卵日が予測できるのかなと思います。

理想的な妊娠と、排卵日検査薬の活用方法

結婚をして、いつかは子供が欲しいなぁと考えているご夫婦がいたら、まずは排卵があるのかを簡単にでも知っておいた方がいいなと思います。

いつでも自然にできる時でいいとか、出来なければそれでいいと思っているのでしたら焦る必要はないと思います。

ですが、1年後や半年後くらいの先を予定している人ならば、今からでも妊活をスタートさせたほうがいいと思います

ご自身が思っている以上に、妊娠するのは奇跡に近い確率なのです。

まずは、基礎体温と排卵日検査薬を使い始めることをお勧めします。

「妊活」って不妊治療をしている人だけに当てはまる言葉だと、勘違いしている人はいませんか?

子供が欲しいと思い、そろそろ作り始めようと行動している時から妊活は始まっているんです。

いつまでに欲しいっと思っていても結局出来なかった、もしかして私たち夫婦は不妊症なのかな?と疑ってしまいますよね。

なかなか妊娠しない、不妊症かもと考え込んでしまう前に、自分で簡単にできる排卵日検査薬を使って妊活してみましょう。

私たちの世代って、とてもホルモンのバランスが乱れが起こりやすい年代だと思います。

なので、実際になかなか子供を授かることが出来ない夫婦が身近にたくさんいます。

でも、出来ない出来ないと言っているだけで、何も行動していない方がいるのもまた事実です。

そんな方には、まず妊娠のタイミングの理想や排卵日検査薬や自分でできる体調の整え方を考えて欲しいと思っています。

いつまでに!とはっきりと決めてしまうのは、逆にプレッシャーになってしまいます。

半年後くらいや一年後くらいと長い期間の妊活をやるという覚悟をもって、臨んだ方がいいのかなと思います。

排卵日と仲良しのタイミング

排卵の勘違いによって、仲良しのタイミングを間違えてしまい、結果的に妊娠の機会を逃してしまっているという事はよくあります。

その間違いは、基礎体温計も兼用しているという方であっても、起こってしまうんです。

基礎体温が正確な方が、基礎体温グラフを付けているとわかると思うのですが、グラフは二層に分かれています。

低温期から高温期に入る前に、グッと体温が下がるときがあるのですがその時点が排卵日の前だと言われています。

これが、なかなか判断が難しかったり、仲良しのタイミングが遅くなってしまったりするんですよね。

卵子細胞の生殖可能な時間はとても短く、生きている時間は24時間くらいだと言われているそうです。

さらに妊娠の確率を高めるためには、排卵後6時間~12時間が精子と出会わせるのが理想的という感じです。

例えば、基礎体温計で朝排卵前を確認したとしても、仲良しできる時間がその人の夜となってしまうと、仲良しのタイミングとしては遅いのかなと思います。

なので、排卵日検査薬を使う事で、その1日~2日前を予測して仲良しのタイミングをとるのがおススメされるわけです。

排卵日検査薬の陽性ラインが色ずくとLHサージが上昇した事を指し、その時点で排卵から24時間~48時間前ということになります。

しかし、生理周期の不順やストレスなどから陽性ラインが数日続く可能性も否定できません。

そんな時は、基礎体温計をしっかりとチェックし、基礎体温んがグッと下がったタイミングを見逃さない事です。

仲良しのタイミングは月に1回だけではなく、3日目前と1日前と当日。2日前と当日など、2回~3回が理想かなと思います。

正確な排卵日を知ることがとても重要です。

通常、生理の周期が安定していると、排卵の時期を予測するのはとても簡単だそうです。

実際に、生理の周期がずれた事がほとんどいないという知り合いがいて、排卵日も簡単に予測できると言っていました。

なので、妊娠もとってもスムーズで3人も子宝に恵まれています。

しかし、周期が安定していても、排卵日を逃してしまうという方も実際にいます。

排卵が起こるタイミングは生理の14日~16日前なのですが、この日数でさて確実ではなく曖昧なものなのです。

少しの身体の変化で、正確だと思われていた生理の周期は崩れるし、排卵日もずれてしまうんです。

妊活していると、必要以上に妊娠について考え込んでしまったり、生理がくるか来ないかを考え込みすぎてしまい体調が悪くなったり、ストレスが溜まったりするものです。

焦れば焦るほど、排卵日検査薬の結果を誤解してみたり、仲良しのタイミングを間違てしまったりします。

正確な排卵日を知るためには、焦らず落ち着いて妊活をするのがいいのかなと思います。

妊娠したい時期から余裕をもって妊活をスタートさせたほうが良さそうですよね。

排卵日検査薬を使うより、病院へ行った方が手っ取り早いと感じているかたは、産婦人科で相談したほうがいいですよね。

簡単な内診で、排卵期を教えてくれると思います。

もし、産婦人科へ行くことに抵抗のある方や、産婦人科へ行く時間がないという方は、自己流のタイミング方法をとるのをおススメします。

排卵日検査薬と基礎体温計を使って、確実に排卵期を予測してください。

排卵日検査薬には、安価なものから高価なものもあり、海外製や日本製と種類もたくさんあります。

まずは負担が少ない安価なもので十分だとは思いますが、粗悪なものもネット通販で売られていますので、そこは注意が必要です。

信頼できる通販サイトから購入するようにしましょう。

排卵日検査薬を使っても、なかなか排卵日を予測できなかったり、生理の周期が異常にずれているなんて場合は、すぐに産婦人科で診察を受けることをおススメします。

最近は、不妊治療専門の産婦人科もありますので、普通の産婦人科よりは比較的行きやすいかも知れません。

年々需要は増えているようですから、どこの不妊治療の産婦人科も早めの予約が必要みたいです。

妊活をスタートしたら、まず正確な排卵日を予測できるようになりましょう。

そして、仲良しのタイミングは排卵日検査薬が陽性になったタイミングでとる子をお忘れなく。

排卵日検査薬を上手に使いこなし、仲良しのタイミングをしっかりとっていきましょう。

>>排卵検査薬の購入はこちらから