ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬クリアで正確な排卵日を予測する

排卵検査薬の検知センサー技術で世界トップと言われるイギリスのメーカーと提携し、
その技術を導入して大幅にバージョンアップしました!

クリアブルー排卵検査器で産み分け


クリアブルー排卵検査器でできること

いろんな種類の排卵検査薬が売られていて、排卵日を知ることができるようになってきました。

その技術が進化してきて、産み分けも期待できるような道具も出てきました。

それがクリアブルー排卵検査器です。

それは一体、どういうことなんでしょう?

そして、あなたは産み分けをしたいと思いますか?

>>排卵検査薬につい詳しく知りたい

「産み分け」のイメージ

クリアブルー排卵検査器は、正確な排卵日を測定するためにアメリカを中心に人気がある商品です。

その仕組みは、2種類のホルモンの値の上昇を感知し、排卵日の最大5日前から知ることができるもので、このことを利用して「産み分け」ができるんじゃないかと考えられました。

望んだ性別の赤ちゃんが欲しい人にとっては、可能性があることなので嬉しいことだと思います。

ただ、一方で、生まれてくる赤ちゃんの性別を自分たちで決めることに対して、良いイメージを持たない人もいるでしょう。

このような道具を使って、赤ちゃんの性別を操作することが、人としてどうなのかと思うかもしれません。

ですが、必ず産み分けができるというわけではありません。

あくまでも、可能性があるというだけです。

その人にとって望む赤ちゃんが生まれてくるよう、できるだけ努力をするというだけです。

本当に産み分けをしたいですか?

近年では、産み分けの方法が飛躍的に進歩して、信憑性が高まってきました。

それには、Y染色体を持つ精子とX染色体を持つ精子の特徴や、膣内のPH環境が関係しています。

それぞれの性別が生まれやすい条件に合わせて、精子や膣内の環境を整えていくと、望んでいる性別の赤ちゃんを授かる可能性が上がるということが分かってきました。

ですが、これはあくまでも可能性が上がっただけに過ぎません。

例えば、跡取りの問題で、どうしても決まった性別の赤ちゃんが欲しい人がいたとします。

こういう人が、産み分けをしたいと望むことはごく自然なことだと思います。

そういう特別なことがない限り、そこまでして産み分けをしたいのかというと、そこまでではないと思います。

「一人目は、女の子がいいな」と赤ちゃんが生まれてくることに、喜びと小さな期待を抱いているだけではないでしょうか。

その小さな期待が叶うよう、可能性に挑戦してみようと思うのも、また人の心であり、悪いことではないと思います。

クリアブルーの性能とは

クリアブルー排卵検査器は、一般的な排卵検査薬とは違い、より使用者のことを考えた特徴的な性能を持っています。

通常の排卵検査薬は、排卵前に上昇する黄体形成ホルモンの値を計測して陰性か陽性かをチェックします。

ですが、クリアブルー排卵検査器だと、黄体形成ホルモンより先に上昇するエストロゲンの値も計測するので、排卵日の約5日前から知ることができます。

そして、その期間は、赤ちゃんを授かりやすい時期であり、それをデジタル表記で教えてくれます。

最も妊娠しやすい日を「peak」、確率が高い日を「high」、確率が低い日を「low」というように。

この確率が高い「high」が表示された時は、まだ排卵までに間があるけど、エストロゲンが上昇し始めて妊娠の可能性があるというサインです。

また、最も妊娠しやすい「peak」の表示は、黄体形成ホルモンが上昇し始め、妊娠する確率が一番高いことを指します。

このタイミングが重要で、「peak」を過ぎてしまうと妊娠の確率が下がるので注意してください。

産み分けの方法はどうやってやるの?

では、クリアブルー排卵検査器を使って産み分けをするのは、どういう風にやっていくのでしょうか?

それは、精子の種類に関係しています。

例えば、女の子が欲しい場合、「high」の時期が良いタイミングです。

女の子を作るX染色体は比較的長い寿命を持っているので、この時期にセックスをすると生まれやすいと言われています。

反対に、男の子が欲しい場合は、寿命が短いとされているY染色体が男の子を作るので、「peak」のタイミングでセックスをします。

本来は、自分たちで排卵検査薬の陽性反応を見ながら計算していくのですが、なかなか適切なタイミングを知るのは難しいことです。

それをクリアブルー排卵検査器が代わりに分かりやすく教えてくれるのです。

また、タイミングもそうですが、男性側も精子の濃さを整えることも産み分けには大切なことです。

適度に射精して薄めておくことで、女の子が生まれやすいということもあります。

前もって時期を知ることで、体や心の状態、ご夫婦の予定の合わせやすさも変わってきます。

妊娠しやすくするためにサポート的に付けられた機能を、応用することで期待できる産み分け。

もし、産み分けをしてみたいということでしたら、可能性を上げる方法としてやってみてください。

少しの可能性を信じて

技術の進歩により、産み分けの信憑性は変わってきました。

膣内環境や精子の種類を意識することで産み分けができると言えば、それらしいように聞こえてきます。

ですが、人工授精で生まれてくる赤ちゃんの性別の割合が、半分ということの説明はすることができないでしょう。

どんなに研究を進めたとしても、生まれてくる赤ちゃんの性別をコントロールすることは難しいでしょう。

ただ、少しでも可能性を信じて産み分けをしてみたいということでしたら、取り組んでみる価値はあると思います。

ここでお話ししたことを参考に、考えてみてください。

クリアブルー排卵検査はどんな人にオススメ?

今、お店などで売られている排卵検査器の中で、一番正確なものと言っても良いクリアブルー排卵検査器。

妊娠したいと考えている人すべてにオススメしたいところですが、お値段を考えると、なかなか言えません。

一般的に売られている商品は、だいたい1万円以内で購入することができます。

ですが、クリアブルー排卵検査器は5万円近くします。

なので、特別な理由がない限り、購入しようとは思わないでしょう。

その中で、どういう人が購入しているのでしょうか?

また、どういう人にオススメなのでしょうか? それは、「赤ちゃんが欲しいけど妊娠できない人」と「産み分けをしたい考えている人」ではないかと思います。

赤ちゃんが欲しい気持ちと不安

赤ちゃんが欲しい人の中には、望んでいても妊娠できない人がいます。

病院でお医者さんに相談して、不妊治療のアドバイスをもらい、それでもできなかったら人工授精、体外受精や顕微授精を考えている人もいるでしょう。

その不妊治療の一つであるタイミング法を、より効果的に行うのにクリアブルー排卵検査器はオススメです。

ですが、「もし、タイミング法で赤ちゃんができなかったらどうしよう」と考えてしまう人もいると思います。

赤ちゃんを授かるためにクリアブルー排卵検査器を購入したのに、できなかった時のことを考えると、高いと感じるのは自然なことでしょう。

高価であっても、日頃から使うものや長く使い続けるもの、結果が得られるものだったら不安に感じることはないと思います。

買ったからには効果を得たいですよね。

役目を果たした後

赤ちゃんを授かるために検査する道具ですが、使い方としてはそれしかありません。

それが、無事に赤ちゃんを授かったとしても、赤ちゃんができなかったとしても、その後はもう使うことのない物となります。

これを誰かに譲るのも、気が引けますよね。 検査紙は使い捨てなので汚くはないですが、もらう側からすると誰かが排卵検査をしたと思うと使いづらい感じると思います。

短い期間しか使わないので、金額に対する印象は人それぞれとなるでしょう。

タイミング法では妊娠を期待できないご夫婦には、高価なお買い物かもしれません。

そうではない、タイミング法で可能性があるご夫婦にはとても効果が期待できるのではないでしょうか。

体に心配のないご夫婦に最適

赤ちゃんを授かる方法として、人工授精や体外受精、顕微授精があります。

人工授精であれば、2万円前後と言われています。

ですが、体外受精や顕微授精といった高度不妊治療と呼ばれるものは、5万円や10万円という費用では収まりません。

クリアブルーはタイミング法の最後の手段で、高度不妊治療の前に頼りたい道具と言われています。

もし、タイミング法が期待できないご夫婦でしたら、クリアブルーを使うのは良いとは思いません。

その費用を少しでも、高度不妊治療にかかる費用に使われることが良いのではないでしょうか。

そうではない人で、タイミング法で頑張りたい人や可能性がある人は、とても効果的な道具と言えるでしょう。

また、「赤ちゃんが欲しいけど原因が分からず妊娠できない人」にも良いのではないでしょうか。

例えば、ご夫婦で一通り検査を受けたけど異常がどこにもなかった。

お医者さんが解決できるものではなく、ストレスが原因して赤ちゃんができない人にとっては、良いかもしれません。

赤ちゃんが欲しいという気持ちが焦りとなってしまったり、セックスが作業のように感じてしまい、ストレスとなってしまうこともあります。

タイミングさえ分かれば、気持ちも少しは軽くなると思います。

そういう人にはオススメかもしれませんね。

なぜ、クリアブルーは妊娠の確率を上げられるの?

排卵検査器の中で一番正確なのは、クリアブルー排卵検査器と言えるでしょう。

でも、それだけが妊娠の確率を上げることなんでしょうか。

クリアブルー排卵検査器は、排卵日の特定が正確なのもありますが、独自の測定法によって5日前から排卵日を予測することができます。

赤ちゃんができやすいのは排卵の2日前、その次に3日前、そして排卵日までの間と言われています。

排卵日の5日前から分かっていれば、予定を組みやすいでしょうし、気持ちに余裕ができるしょう。

赤ちゃんができない理由の一つに、パートナとの生活リズムの違いがあります。

もちろん体質によるものもありますが、それと同じくらいの要因として考えられます。

仕事が忙しかったり、ついつい寝てしまったり。

疲れていたら、行為に至ろうとは思わないこともあるでしょう。

それがもし、5日前から分かっていたら、予定を調整したり、体や心の準備ができますよね。

どうしても早く欲しいと考えているご夫婦には良いかもしれません。

クリアブルーが産み分けに使えるって本当?

赤ちゃんが欲しい人の中には、産み分けをしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

最初に欲しいのは男の子とか、女の子が多く欲しいなど。

そういう人には、クリアブルー排卵検査器はオススメだと思います。

それは、女の子ができやすい条件と関係しています。

女の子を授かりやすいのは、排卵日の2〜3日前と言われています。

また、女の子を作るX精子はアルカリ性に弱いため、膣内のPHを酸性にしておくと良いとされています。

その他に、セックスは淡白にして、女性はオーガズムを感じない程度に終えること。

スタミナのあるX精子に有利になるように、射精を浅めにすると効果的とも言われています。

それぞれのできやすい条件を覚えておいて、クリアブルー排卵検査器を使うと可能性が高まるので期待できますよね。

なぜ、排卵日2〜3日前を測定できるの?

クリアブルー排卵検査器が排卵日を予測するのは、2つのホルモンの値から算出されています。

一つは、一般的な排卵検査薬と同じように黄体形成ホルモンです。 このホルモンが上昇しているかどうかを感知し、基準量に達していたら陽性反応を、満たしていなければ陰性反応を示します。

もう一つは、エストロゲンというホルモンです。

このホルモンは、黄体形成ホルモンが上昇し始める前に上昇を始めるので、排卵日から最大5日前に知ることができます。

これによって、妊娠するのに適したタイミングを教えてくれます。

例えば、先ほども触れた女の子が欲しい場合。

排卵日2〜3日前では、機械には「high」という表示がされ、この時が女の子を授かるのに適していることになります。

反対に、男の子の場合、機械が「peak」と表示する排卵日直前が適しています。

もし、女の子が欲しい人であれば、一般の排卵検査薬ではタイミングを掴むのが難しいかもしれません。

そういう人には、クリアブルー排卵検査器がオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 クリアブルー排卵検査器は、一般の排卵検査薬とは違った特徴を持っています。

産み分けをしたいと強く望んでいる人でしたら、良いと思います。

また、赤ちゃんが欲しいけど原因が分からず妊娠できない人でした、良いかもしれません。

タイミング法を上手に使うことで、妊娠する可能性があるのでしたら、購入してみる価値はあると思います。

もし、タイミング法では難しいかもしれないと思うようでしたら、慎重に考えてみてください。

>>排卵検査薬の購入はこちらから